チャートとローソク足はFXに限らず、株式や投資信託、先物取引など多くの場所で使われます。
時間があれば太郎くんと一緒にローソク足を書いて見ましょう

第10話 FXのチャートの見方

te_suprise

突然だけど太郎くん。これは『ローソク足』と呼ばれるものよ。
江戸時代に発明されコメ相場で使われたと言われ、色々な相場に通じる基礎なの。

st_hatena

なんか棒が一杯伸びていて分からないよ

te_suprise

ふふふ、初めはみんなそうよ。まずは、ローソク足を書いてみましょう。

te_suprise

まずこの一本のローソク足に『四つの情報』 が詰まっているわ。

①『始値』、②『終値』③『高値』、④『安値』、の四つよ
これはローソク足の集合=チャートの基礎中の基礎だから用語だけは覚えて頂戴。
本当はこんなにきっちり数字が綺麗に揃う事はほとんど、ないのだけど今は練習だから分かりやすさを優先しないとね」

まず、数字を指定するわね。
例として、これは一日のUSD/JPYの値動きよ
始値:109円
終値:110円
高値:111円
安値:108円
の四つ(USD/JPY)。

先生の言った通りに線を引いて頂戴。

st_surprise

はーい

te_normal

まず初めに『始値』よ。グラフの109円の部分に横棒を一本引いて頂戴

ふむふむ。
言われて1㎝程の先を横に引く太郎くん。

te_normal

次に『終値』よ。グラフの110円の部分に、先ほどの109円と同じ長さの横棒を一本引いてね。

やっぱり1㎝程の先を横に引く太郎くん。
rou03 これで平行した二本の線が書き上がる。

te_normal

ここで110の左端の先端と109の左端の先端とを縦線で結ぶの。同じように右端も線で結んでね。そうすると四角形が出来たわよね?

rou04
te_normal

先生、できました!

te_normal

次に行くわね。『高値』、111円だけど、
先程引いた110円の横線の真ん中から、縦に111円まで縦線を引いて頂戴

rou05
st_surprise

最後に『安値』、108円だけど109円の横線の真ん中から108円のラインまで縦線を引いて頂戴。これでローソク足の完成よ!

rou06

そこには、白いウイロウに串を縦に差したような図が出来上がっていた。

st_surprise

これはその日の相場が上昇(この場合円安)して終わったという線。
『陽線』 というの

te_normal

なるほど。先生、もし『始値』、109円、『終値』、110円が逆に……
『始値』、110円、『終値』、109円だったらどうなるんですか?

st_surprise

いい質問ね!その場合は四角の中を黒く塗りつぶすの。これで逆の意味、『始値』、110円、『終値』、109円という意味になるわ。
この場合一日の相場が下落(この場合円高)して終わったという線。
『陰線』 となるの

rou07
st_surprise

このローソク足が集まって図になったものが「チャート」と呼ばれるものよ。

チャートを見る事により、いちいち数字で書き込まなくても過去の値動きが一目で見られるようになってるの